art

4th ART Collaboration
Saori Tao

“澄んだ人柄”という言葉はきっと日本語には存在しないはずだけれど、これは初めてお会いした時に瞬間的に浮かんだフレーズ。そんな印象の写真家・田尾沙織さんとの対談は、お話を聞けば聞くほど芯の強さと行動力に高揚した時間となりました。写真家の原点から長期滞在していたニューヨークのこと、コラボレーションした写真についてお聞きしました。

スペシャルインタビュー: Saori Tao(Photographer)

生まれ育った東京をベースに現在活動をしている田尾沙織さんは、世界50ヵ国をカメラとともに旅をしてきた写真家です。「旅はいくつかあるテーマのうちのひとつ」と控えめな口調で語りますが、意志を感じる硬質な写真の数々は見る人を駆り立てるパワーで溢れています。今回はそんなたくさんの写真の中から、ブランドの故郷であるニューヨークにフォーカスしてアートコラボレーションをさせていただきました。

Lips

Q――今回のコラボレーション企画ではお世話になりました。ありがとうございます。
A「いえいえ、こちらこそありがとうございます。」
Q ――さっそくですが、田尾さんのご紹介も併せてお話を聞かせてください。写真家になろうと思ったきっかけみたいなものは何かあったんですか。
A「高校生の時にそう思いました。」
Q――とても早い時期に思われたんですね。
A元々小さい頃から絵を描いたりお裁縫をしたり、手を動かして何かものを作ることが好きだったので、それを活かせるように高校は工業系のデザイン科に入りました。そこで写真の授業があって。」
Q――そうだったんですね!何かを生み出すことがお好きだったんですね。
A「絵も好きで得意だったんですけど、撮ってみたら写真の方がうまかった、という(笑)。先生からも褒められるし、自分でもそう思いましたし。そして写真部があったので入部しました。デザイン科の先生からは、”美術=絵と思うかもしれないけれど、表現方法はそれだけではないので自分の中の何かを見つけなさい”と言われていて。陶芸も授業にあったので、それがきっかけで本気で陶芸をはじめる友人もいて、そんな環境の高校だったんですよ。」
Q――やはり写真は自分の中でフィットしたのでしょうか?これだ!みたいな。
A「そうですね、写真の授業にすごくのめり込んでいましたね。カメラをいつも持ち歩いて、夢中になっていたと思います。とにかく写真が好きだったので、その当時に『ひとつぼ展』※というコンペティションを見に行ったんですね。」
※『ひとつぼ展』は、写真とグラフィックデザインの2つの部門からなるコンテスト。写真部門は、数多くの有名な若手写真家を輩出する二大写真家登竜門の一つ。
Q――とても有名なコンテストですよね。
A「そうですね、そんな感じでずっと写真を撮り続けています。」

Skyscraper

Q――私は田尾さんのニューヨークの夜景の写真(Skyscraper)からインスピレーションを受けてコラボレーションのオファーをさせていただきました。とても幻想的で、都市でありながらも宇宙を感じるような不思議な魅力を持った写真だと感じています。
A「ありがとうございます。これは薄い霧がかかっているマンハッタンの夜景です。霧に街の灯りが反射して光り、長時間露光で偶然に任せて光の線を描きました。現地で友人になったイタリア人アーティストが『愛と写真についてまた語ろう』とよく言っていて、そんなセリフが似合う夜景だと思います。」
Q――写真も素敵ですが、イタリア人アーティストの言葉も素敵ですね!
A「ニューヨークは皆さんご存じの通りメルティングポットで、たとえば文化庁の支援などで奨学金をもらってニューヨークに長期滞在するアーティストも世界各国からたくさんきています。」
Q――そうなんですね。アーティスト同士が刺激し合って交流するようなイメージですか?
A「まさにそうですね。1年半ほど長期滞在した時は、知人の紹介でとても広いアーティストレジデンスで暮らしていて、そこでいろんなアーティストの交流がありました。みんなでクリスマスにそこでご飯を作ったり。知り合ったアーティストは、各国のサポートを受けて創作活動を目的に長期で来ている人がほとんどでした。」

NEW YORKER

Q――わたしも何度もニューヨークは訪れていますが、旅と住むとでは見えてくるものが異なりますよね。
A「そうですね。わたしも最初は何度か短期でニューヨークを訪れて知り合いが増えていって…。そうすると”来週イベントがあるからおいでよ”とか”今度の展覧会きてよ”と誘いがきて嬉しいんですがもちろん行けないので、長く滞在することによってより深く人と関われて面白かったです。旅だけでなく『人の生活』もわたしの中のテーマのひとつで、住むことで見えてくることはたくさんありますよね。コラボレーションで提供させていただいた写真は、すべて2011年~12年にかけて長期滞在した時のもので、カメラを持って毎日街を歩き回ったストリートスナップです。旅で訪れる時とは当然時間の制約がないので、あちこちに出かけては写真に収めていました。赤いNEW YORKERのサインの写真(NEW YORKER)は、そんな日々を送る中で後々フイルムを確認して見ると、このサインが何枚も写っていることに気づきました。これは私にとってニューヨークの象徴だったのかもしれません。」

BLUE SKY

Q――この澄み切った青空にそびえ立つビルの写真(BLUE SKY)は、モダンさと構築的な力強さが共存していて、私の中のThe New York Manhattan!という感じでとても好きです。
A「これは冬の冷たい空気のマンハッタンを歩いていて、ふと見上げた空とビルを収めた写真です。日本よりも建物と建物が密集して建っていて、迫ってくるような迫力を感じました。」
Q私は仕事の出張で訪れる機会が多いので、マンハッタンの景色がNew Yorkの象徴に感じますが、別のエリアに行くとまた違う国に来たような感覚になるほど、ニューヨークにはいろいろな顔がありますよね。

NY ME LOVE

A「そういう意味では、このブルックリンで撮った写真(NY ME LOVE)はそうかもしれませんね。日本と違って”LOVE”という言葉をよく街で見かけて、それがアメリカらしいなって思って撮ったものです。」
Q――これはブルックリンで撮ったものなんですね!特に今はカルチャーが生まれる街として注目の地区ですよね。
他にもニューヨークで体験した面白いエピソードはありますか?
A「わたしは現代アートも好きで、ソフィカルというフランス人のアーティストがいるんですが。ある日カフェかどこかでフランスの文化省か何かのアート週間のチラシをもらって見てみたら、ページの隅に小さく「ソフィカルがあなたを招待します。場所〇〇ホテル ○月○日~○日 0am~0 am」とだけ書いてありました。そのホテルを探して夜中の0時に行ってみると、アッパーイーストの小さな高級ホテルでした。ホテルに着いても何の展覧会のインフォメーションも書いていなくてどうしたらいいのか分からなかったんですが、ドアマンに「展覧会を見に来たんですけど…」と言ったらスイートルームに通してくれて、そこで展覧会をやっていたんです。作家本人も座っていて、部屋中に彼女の代表作が飾ってありました。世界的なアーティストなのに見に来ているのは数人で、彼女らしい”偶然見つけた人の為だけ”のサプライズな展示方法に心を射抜かれました。これはさすがに日本ではできないかもなと思いました。
Q――それはニューヨークならではのエピソードですね。様々な国の人が活動している街だからこそ、様々な思考に触れられて、その発想を体感することができますよね!日本人は保守的な考えが表に立って、この解放的で自由な行動にたどりつくかというと、、、難しいかもしれませんね。

Floating Island New York

Q――――コラボレーションのプロダクトをご覧になっていかがですか。先ほど話した夜景の写真(Skyscraper)からインスピレーションを受けて『KALEIDOSCOPE(万華鏡)』というテーマが浮かび、新たにLipsとFloating Island New Yorkというアートが生まれました。これは、万華鏡のように写真を転回させて輪のように繋げることで、多角的な新しい世界観を表現したものです。Tシャツとプルオーバーにはこのアートを、バンドカラーのシャツにはマンハッタンの写真(BLUE SKY)とブルックリンの写真(NY ME LOVE)を袖に拡大プリントしています。
A「(サンプルを見ながら)こんな素敵なお洋服に仕上がったんですね。自分の写真をコラージュとして使用されることは今までなかったので、こういう見方もあるのかととても新鮮ですね。世界中の人が集まるニューヨークの多様性を表しているようで、とても素敵です。モデルさんのように着こなせるか不安ですが、日常的に着たいなって思います。」
Q――ありがとうございます。そう言っていただけてとても嬉しいです!本日はありがとうございました。最後に田尾さんのアートをご覧になるこのサイトに訪れる人たちに向けてメッセージをいただけますか。
A旅に出るのが難しい世の中ですが、これを着て少しでも外出しているような明るい気分で春を迎えてもらえたら嬉しいです。

ARTist COLLAB ITEM
Saori Tao × Paul Stuart advance

KALEIDOSCOPEをテーマに、ニューヨークの夜景を輪にしたアート「Lips」をバックプリントしたTシャツ。
アイスグレー、ブルーグレー、ブラックの3カラーでサイズはM、Lの展開になります。

Saori Taoコラボ 「KALEIDOSCOPE」Tシャツ ¥9,800+TAX
※ショートヘアのモデルは163㎝、ロングヘアのモデルは174㎝、サイズはともにMサイズを着用

KALEIDOSCOPEをテーマに、赤いNEW YORKERのサインを輪にしたアート「Floating Island New York」をバックプリントしたプルオーバー。
ホワイト、ミント、ブラックの3カラーでサイズはM、Lの展開になります。

Saori Taoコラボ 「KALEIDOSCOPE」プルオーバー ¥14,000+TAX
※ロングヘアのモデルは174㎝、ショートヘアのモデルは163㎝、サイズはともにLサイズを着用

NY Landscapeというタイトルを付けたシャツは、
ホワイトにはブルックリン、チャコールにはマンハッタンの写真を袖に大きくプリントし、それぞれS、Mの2サイズ展開です。

Saori Taoコラボ NY Landscapeシャツ ¥19,000+TAX
※ロングヘアのモデルは174㎝、ショートヘアのモデルは163㎝、サイズはともにMサイズを着用

Profile■田尾沙織

1980年東京都生まれ。2001年第18回『ひとつぼ展』グランプリ受賞。写真集『通学路 東京都 田尾沙織』『ビルに泳ぐ』PLANCTON刊行。雑誌、広告、ムービーの撮影などで活躍中。2020年9月書籍「大丈夫。今日も生きている」発売。

http://taosaori.com/
@taosaori_pictures

プライバシーポリシー

「ポール スチュアート アドバンス(Paul Stuart advance)公式オンランショップ」(以下「当ウェブサイト」といいます。)における通信販売(以下、「本サービス」といいます。)は、株式会社メンズ・ビギ(以下「メンズビギ」といいます。)からの委託を受けて株式会社ビービーエフ(以下「BBF」といいます。)が運営、販売を行っております。 メンズビギを含む株式会社ビギホールディングスのグループ企業及びBBF(以下総称して「当社ら」といいます。)は、本サービス運営をはじめとした事業を行うにあたり、利用者が本サービスを安心してご利用いただくためには個人情報保護についての法令を遵守し、適正な収集、利用、管理を当社ら内において徹底することが最も重要であると考えています。 当社らは、個人情報をどのような方針で利用・管理するかについて当社らのプライバシーポリシー(以下「本プライバシーポリシー」という)を以下に定めます。

1 個人情報について

本プライバシーポリシーにおいて「個人情報」とは、個人情報保護法に定める個人情報をいい、氏名、性別、生年月日、会員ID、パスワード、電子メールアドレス、住所、電話番号、勤務先会社名、部署名、役職、職業、クレジットカード情報、購入履歴、その他連絡先および商品の購入に関する情報のうち、一つまたは複数の組み合わせにより、特定の個人を識別することができる属性情報をいいます。 利用者が入力されるご住所、お名前、電話番号を初めとする利用状況等は、当社らのデータベースに個人情報として登録されます。登録された情報を個人情報として取扱い、管理するものとします。

2 個人情報の利用について

(1)当社らは、個人情報を適切に保護し、個人情報保護法その他の法令等により認められた場合を除き、個人識別が可能な状態で同意なく第三者に開示、提供することはありません。

(2)当社らは、次条に定める利用目的のために、以下のとおり、個人情報を共同して利用することができるものとします。
共同利用者:株式会社ビギホールディングス及びメンズビギを含む株式会社ビギホールディングスのグループ企業(こちらをご参照ください。)並びに株式会社ビービーエフ
共同利用する項目:利用者の住所、氏名、生年月日、電話番号、メールアドレス、及び注文内容
利用目的:次条のとおり
管理責任:株式会社ビービーエフ 個人情報保護管理者

3 個人情報の利用の目的について

当社らは、個人情報を下記の利用目的および取得の際に示した利用目的の範囲内で、業務の遂行上必要な限りにおいて利用します。

(1)利用者の本人確認、管理及び通知を目的とした登録された会員、ユーザーの管理

(2)当社らが運営するウェブサイトで会員登録を必要とするサービスを利用するにあたり、会員登録等作業の簡素化の目的のため

(3)当社らの商品、デジタルコンテンツ及びサービスの販売

(4)利用者が購入した商品等の梱包・発送業務(当社らの梱包・発送の委託会社の業務を含む)

(5)ご請求関連事務(課金計算、料金請求等)

(6)当社らが運営するサービスに関する情報等の通知。キャンペーン企画、アンケートの実施。(電子メールによるものを含みます。)

(7)当社ら及び第三者の商品等の販売の情報及び広告・宣伝(電子メールによるものを含みます。)

(8)メールマガジンの配信サービスの提供

(9)業務提携企業より委託された業務の遂行及び法律の範囲内で行う情報提供

(10)法令・法律に基づく開示、または契約等に基づく権利の行使や義務の履行

(11)雇用・採用

(12)利用者への各種問合せ・通知・連絡、アフターサービス等の対応

(13)利用者からの問い合わせ、苦情等への対応

4 個人情報の管理について

当社らは、個人情報を管理する責任部署に個人情報管理責任者を配置し、個人情報の適切な管理を実施し、個人情報保護に関する当社らの取組みを指導推進しています。

5 個人情報の委託について

利用者に当社らが運営するウェブサイトのサービスを提供するにあたり、上記「個人情報の利用目的」に記載した目的のため、個人情報の取り扱いの全部又は一部を委託する場合があります。その際は、十分な個人情報保護基準を満たしている委託先を選定し、個人情報保護に関する契約を締結した上で行います。

6 外国の第三者

当社らは、外国の第三者にお預かりしている個人情報を移転する場合もございます。その際は、当該第三者の情報及び移転も目的をお伝えし、利用者のご同意を得たうえでこれを成すものと致します。

7 個人情報の開示・訂正・利用停止・消去等について

当社らは、個人情報保護法その他の法令等に基づき、利用者本人が自己の個人情報について、開示、訂正、追加、削除、利用停止、消去、第三者提供の停止、利用目的の通知を求める権利を有していることを確認し、これらの要求ある場合には、当社らの個人情報取扱規程により速やかに対応します。
個人情報についての苦情・相談又は個人情報の開示等の手続には、本人又はその代理人であることの確認ができる書面が必要となります。
個人情報に関する利用目的の通知又は開示のお申し出につきましては、当社ら所定の手数料をご負担いただきますので、あらかじめご了承下さい。

8 セキュリティについて

当社らが運営するウェブサイトを通じて個人情報を提供いただく際には、個人情報を第三者による不正アクセスから守るため、SSL(Secure Sockets Layer)という業界標準の暗号方式を使用して暗号化を行っています。当社らで必要と判断した個人情報は、SSL暗号化通信により保護し、安全性の確保に努めます。また、個人情報は、当社ら所定の管理基準に基づき厳重に管理し、ファイヤ・ウォールの設置・ウィルス対策の整備等により、個人情報へのアクセス、紛失、破壊、改ざん、漏洩、ウィルス感染等の防止策を講じています。

9 クッキーについて

当社らが運営するウェブサイトでは、クッキー(Cookie)と呼ばれる技術を利用しています。クッキーとは、特定の情報を利用者の通信機器等に一時的にデータとして保持させ、接続の度にそのデータを基に利用者を識別させる仕組みをいいます。当社らでは、クッキーの利用を前提としたサービスを提供しています。そのため、クッキーの利用を許可しない場合、当社らの一部のサービスを受けられないことがあります。クッキーの利用を許可するかどうかは、利用者のブラウザで設定できます。必要に応じて設定を確認してください。

10 当社らが運営するウェブサイトからのリンク先について

当社らが運営するウェブサイトを通じてアクセスできる第三者のサイトおよびサービス等、当社らが運営するウェブサイトからのリンク先のウェブサイトで独自に収集される個人情報の利用については、当社らは、関知いたしません。そのため、これらのサイトにおける、独立した規定や活動に対して、当社らは一切の義務や責任を負いません。それぞれのサイトのプライバシーポリシーを確認してください。

11 プライバシーポリシーの更新について

当社らは、個人情報保護を図るため、法令等の変更や必要に応じて、本プライバシーポリシーを改訂することがあります。その際は、最新のプライバシーポリシーを当社らが運営するウェブサイトに掲載いたします。

12 個人情報開示請求等の受付方法について

個人情報の開示、訂正、追加、削除、利用停止、消去、第三者提供の停止を請求する場合は、下記担当窓口が迅速に対応させていただきます。

株式会社ビービーエフ
総務人事部 個人情報保護管理者
e-mail: privacy@bb-f.jp

閉じる